FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
エルリン(エルメス)はがんばってます!
ellll00.jpg
今、夜の点滴が終わりました。
すやすや寝ています。
いつもと変わらず元気で散歩に行きます。
食欲がないだけです。
少しやせました。
好きなものは食べたがります。
流動食を食べさせてます。
おしっこに色とにおいが戻って来ました。
腎不全ではなく腎障害ではないかと思っています。
だってこんなに、明るい表情の腎不全なんてありえないから。
スポンサーサイト



テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

2頭の老犬
 いい話と悪い話の二つがあったらどちらから聞きたいか?
 悪い話を聞いてからのいい話は心から喜べないから、ちょっとの間でもうれしい気持ちになりたかったらいい話から聞いた方がいい。
 ドルとエルメスの2頭の血液検査に獣医さんに行った。
  3日前からご飯を残すようになっていたエルメス(12才4ヶ月)の血液検査をしてもらった。ドッグフード(用心のためにエルメスにも腎臓病用のフードを与えていた)は食べたがるのに、白米や野菜を残すようになった。オムツのおしっこの色がほんの少しうすくなってきて、匂いも少なくなったきがした。気のせいかもという程度。散歩もいつもどうり、つい4日前も公園でボールを追いかけて走っていた。元気はいつもと同じなのに好き嫌いが始まるなんて、嫌な予感がした。その様子は数か月まえに腎不全の診断を受けた子の時と似ていた。でも、今度はあまりにも急すぎる。普通は段々に少しづつご飯を残し始めるのに。
 嫌な感ほど良く当たる。この日獣医さんは、悪い話から私に伝えた。また腎不全。急性なら治る見込みがあるが、年齢から考えると慢性かもしれないと言われた。


エルメスのクレアチニン(140)とBUN(5.3)の数値は聞いたこともないくらいで、昨年10月に手術をしてくれた獣医さんに当時の検査結果を聞くために電話して、この数値を伝えると「立てる?歩けるの?」と聞かれた。昨日も普通に散歩に行った。今朝も庭を歩き回っていた。生きているのが不思議な位の数値なのに、今日も大好きなボーロとお粥少々、焼き芋を自分で食べた。
 8才以上の3頭は腎不全の子とほぼ同じ食事をしてきていたが、昨年の大きな手術がやはり負担だったのだろう。手術をしなければ平滑筋腫で亡くなってしまっていただろうから、手術をしたことはまちがいではなかった。その後は元気で楽しく暮らしてきたのだから。

 エルメスは床で寝るのが好きで、私のベッドで一緒にはねてくれない。添い寝しながらの点滴はできないので、なるべく起きているあいだにしてやり、私もそばの長いすで仮眠しながらの看病をするつもりだ。 
 あきらめないで頑張らなければ、急性なら元気になる。ドルのように。
 検査をした順番がそうだったから仕方ないけれどいい話が後になったが、ドルの腎臓の検査結果はクレアチニンもBUNも正常値になったという、数か月前には一番の望みだった事が悪い話の後にはうれしさも半減してしまった。

 

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

収穫
                 shuukaku6.jpg

  4月頃から、庭で作り始めた野菜ができ始めた。
 この野菜を作るきっかけになったのは、腎不全の子の食事を作っていたからだ。この時ほど、農薬や産地等を気にして野菜を買ったことはなかった。野菜は皮に栄養があると言われているのに、残留農薬のことを考えると皮をむかずにはあたえることはできなかった。
 はたして、この野菜(ほとんど種から作った)ができるまでこの子の命がもつのだろうか?そう思っていたが、幸運にも元気になってくれたので食べさせてやることができた。インゲンは筋がなく甘く柔らかい、枝豆は味が濃くおいしい。トマトはもう少し熟した方が良さそう。
 この後、スイカ、カボチャ、ニンジン、アスパラ、ジャガイモができる予定。スイカはビー玉位の大きさの時にちゃんとシマシマ模様が入っているのに感動した。今は、テニスボール位に成長した。農薬類は一切使わず、肥料もなるべく野菜くずを使った。実は、カボチャは捨てる野菜の皮などに混じっていた物を肥料にしたところ目が出てきたのだ。
 自然の力はすごい。日当たりの良さは植物を丈夫にして害虫や病気に対して強くする。梅雨も犬たちにとっては嫌な季節だが、植物には欠かせない水を与えてくれる。雨の後の植物はあっと驚くほど成長している。
 犬も生き物だから、日光は身体を丈夫にしてくれている。お日様とは良く言ったものだ。
 スイカはこれからが大変なようだ。ちゃんと育つかわからない。スイカは腎臓に良い。うちの子達は大好きだ。みんなでおいしく食べられたらいいな。犬達には行けない庭の下の方(2メーター位下)に作ってある野菜畑でブヨに刺されたので、文字通り身体を張って育てているといえるのではないだろうか。

                  suika602.jpg

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

巣立っていきました
今日、「虹の橋に行く前に」を書くきっかけになった方の所(軽井沢)にサマンサの子犬が行きました。愛犬を亡くされた悲しみはこの子が癒してくれることでしょう。亡くなった子とは違う色の子犬です。亡くなった子の面影を子犬に求めることはないでしょう。全く新しい家族として愛し育てられることだと思います。
 この子を選ぶのに約4時間かかりました。どの子も可愛くて選べないから、私に選んで欲しいと言われました。でも、私には選べませんでした。
 「誰か新しいお家に行きたい子は?」と寝ていた子たちに声をかけると1頭が起きて来てサークルに手をかけました。まるで、私が行く!といっているようでした。本人の希望を尊重してその子に決めました。へんな決め方ですね。柄は地味だけどとにかく目がきれいで可愛いこです。

 後10日ほどで、もう1頭神戸からお迎えに来ます。生まれる前から楽しみに待っていて下って、子犬の部屋や庭のフェンスやサークルなど準備もしていただいています。きっと大事にしてくださることでしょう。一応の希望は聞いていますが、私の判断に任せてくださるとその方にも言われています。遠くにやるのはやはり寂しいものです。私には選べません。ブリーダーだからここでシビアに選別しなければならないのですが、子犬たちが甲乙つけがたいできだということもありますが、遠くにやる子を選ぶというのは難しいです。私の手元に残るより幸せになるだろうということはわかっているのですが、まだまだ可愛いさかりです。

 4頭生まれた子犬も2頭になり、静かになって来ました。元々うるさい方ではない子犬達ですから余計にしずかです。
 日を追うごとに子犬たちは、母犬や姉妹や私の記憶が薄れ飼い主さんになついていくはずです。
 それは子犬が幸せになるということです。

 わかってはいるけど、可愛かったもんなぁ。。。 
             p-samantha.jpg

    ねっ、可愛いでしょ?
 

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

便利だけど怖い時代になりました
 何か欲しい物があったらパソコンを開きインターネットショッピングをする。
 便利な時代になったものだ。かくいう私も引っ越し間もない頃は多いに活用した。洋服も電気製品も買いに行く手間もいらないし注文して2.3日かかっても1週間で届く。気に入らなければ返品したらいい。パソコンの画面の向こうにいる人の顔も声も知らず、写真と説明書きだけで商品を選ぶ。対面したら、こんな人から絶対買わない!と思うかもしれない。
 たとえ物であってもお店に足を運び説明を聞き、その人の物腰や説明の仕方でここで買おうと決めるのが本当だ。信用できるか判断するのは難しいけれど会わないで買うよりはずっとましだ。でも、これは物の話なのでどちらでも良い。個人の自由だ。

 だが、これが犬、生きてる犬なら話は別だ。ネットショッピングで1クリックで子犬が買える、なんて恐ろしい時代だろう。
 私はブリーダーになって20年以上になるが、顔の見えない相手に子犬を譲ったことは多分3頭だけだと記憶している。もちろんお電話で何度も話をさせてもらった。1頭は年配のご夫婦の所に行き、1年後には元気にしていますというお手紙といっしょにみかんをいただいた。もう1頭はシェルティの性格が合わないというので1年後に返してもらった。その子はとてもシャイになってしまっていたが、1年足らずでチャンピオンになり最初のお産で生まれた子は日本ランキングNO1を獲得した。とても奇麗なシェルティだったのに相性が悪いと言われてしまえば最悪だ。
 このことがあってから私は、繁殖を目的とする人や、子犬を見に来られない人、ペットショップに子犬を売らなくなった。子犬の譲渡はお見合いだ。空港で迎えて一目会ったその時からお互い恋に落ちればいいけれど、イメージが違う、性格が等あとで言われても子犬がかわいそうだ。
 末永く家族として暮らす子犬は必ず見に来てくださいとお願いしている。北海道、石川県、青森県、岡山県から来ていただいた。今回生まれたサマンサの子犬の1頭は神戸に行くけれどちゃんとお迎えに来てくれる。これこそが、ブリーダー冥利に尽きる。大事にしてもらえると信じてお渡しできる。
 子犬をめぐってのトラブルはインターネットが普及するに連れて益々増えていくと思う。可哀そうな子犬の話を耳にする度に買う側だけでなく、売る側には少しの原因もないのだろうかと思うのだ。

             p-ari4.jpg
アリエルの子犬6月7日生まれめちゃかわいい 天使です。

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

私が代わりに
kouen2154.jpg


 5月15日のお誕生日に行った公園に、みんなと行った。
あの日よりもっと元気になっているので、みんなといっしょに歩いても全然遅くない。
 子供たちがサッカーの練習をしている。
小学1,2年生位の小さな子供たちが元気に走ってボールを蹴っている。私が連れているシェルティたちは、1歳、8歳、11歳、12歳、、13歳。1頭を除いて、この子供たちが生まれる以前から私といっしょにいるんだなぁ、と思うと不思議な気持ちになった。

グウランドの回りを歩いていると、草むらの立札に,「蛇に注意」とある。蛇は大嫌い、マムシもいるらしい。噛まれたら大変だ。
 でも、それと同じくらい蚊に刺されたら大変な子が約1名。腎不全が改善されたとは言え、薬害が怖いので今年はフィラリアの薬をやるのを辞めた。それで、1日中体に「虫来ちゃダメシール」を貼っている。首には、ハーブの虫よけ首輪。そして何より、私のそばにいたら絶対といっていいほど蚊にさされないだろう。O型は蚊に刺されやすいというのは確かなようだ。とにかく、ブヨを始め虫には大モテの私。私が代わりに刺されてあげるよ。
 虫来ちゃダメシールをドラッグストアーで買った時に、レジに並んでいた人に聞かれた。子供に
貼るシールなのかと。多分そうなんでしょうが、「私は犬に貼るんですよ。」と答えると
「幸せな犬だねえ」と言われた。
 このシールの効果のほどはわからないので、首とお尻の2か所にはっているのだが、「なんか変なもの付いてますよ。」と何人にも注意されその度に、腎不全ーフィラリアー虫来ちゃダメシールの説明をするのである。
 とにかく私のそばから離れないのが一番である。

[READ MORE...]

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット