FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
母と老犬
両親が飼っていたシェルティが昨日亡くなった。14才と3か月だった。
 子宮蓄膿症と膀胱結石、老齢による心臓、腎臓も悪く手術も投薬も苦しみを増すだけだ。後は楽にして見守ってやるしかないので、横浜の実家から母と一緒にわたしの所にやってきた。
 14年前9匹生まれた子犬の中の1頭を両親にあげてから、時々シャンプーに来たり留守の間あずかったりはしていたが、引っ越しをしてから久しぶりに見たその姿は変わりはてていた。丸々としていたその姿は痩せて、首を上げることさえできない。後1,2日もつのだろうか。もう少しいい状態を想像していた私は、また元気なるかもしれないというはかない望みを持っている母になんと言ったらいいのかわからなくなった。
 点滴はみるみるうちに500ccが入って行き、脱水状態が少し改善されて口に流動食を流し込んでやると飲み込むことができた。腹水も溜まっていて心臓も悪いので呼吸は苦しそうだった。酸素テントがあれば楽になるだろうに。頭をなでたり声をかけたりしている母の後ろ姿も又小さくなって悲しかった。母も80歳近い、ひん死の老犬と同じような年齢だ。心臓に持病がある。おにぎりなら1個食べたらもうお腹がいっぱいだという。こんな老人が老犬を看病するのは大変だなと実感した。そして、老犬と老人を引き受けた私の責任は重大だと思った。病犬や老犬の世話にはなれていたけれど、人間の面倒は苦手だ。無理に食べ物を口に入れるわけにもいかない。母の意志にまかせるしかない。この子が元気になったら母も食欲が出るのだろうが、その望みはかなわないだろう。
 困ったね、困ったね。どうしたらいいだろう。もう、駄目かね。
 母は口癖のようにそう繰り返した。
 家に来てから2日目の早朝、母の腕のなかで荒かった呼吸が段々静かになっていった。
 心臓が止まったみたい。そう言って母が泣いていた。気丈な母が泣く姿を私は初めて見た気がした。
 虹の橋の話を母にしてやれば良かった。少しはなぐさめになったかもしれない。
 虹の橋には、母犬のイブやお姉さんのダイアナやファミリー達が待っているから安心するように、母に言ってあげれば良かった。

[READ MORE...]
スポンサーサイト



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

キティとお散歩
odekakekity0.jpg

 どこでもベープキティです。
 腎臓障害になってしまって2頭の老犬には、今年からフィラリアの薬をあげるのをやめました。お散歩やお庭に出る時には、虫よけスプレーとともにこれをつけています。重さ80グラム大きさのわりに軽いです。この頃はこれを付けてもらうとお出かけ?と思うらしく喜びます。かなり汚くなってしまいました。
 庭で散策していると、地面や木々などにこすれてフタが開き中のカートリッジが出てしまったり、電池をどこかに落してきたりで、始めの頃にはかなり不経済だと思いました。それで、フタが開かないようにガムテープで止めています。
 雨が少なかったせいか今年は蚊が少なくて助かります。庭のつつじの木を今年もまた5本ほど切ってすっきりさせました。なるべく蚊がいない状態にしておきたいからです。
 odekakehelme01.jpg

 先月、腎不全の診断を受けたエルメスは1週間後の検査でCRE 3、2 BUN 50と前回の検査の半分になりましたがかなり高い数値です。 本人はとても元気でご飯も良く食べてくれるようにばりました。お散歩も毎日行っています。ただ、食べるものの好き嫌いがでてきているので、お子様ランチプレートにトマト、ブロッコリ、かぼちゃ、ニンジンなどの温野菜とドッグフード(ドイツの腎臓疾患用フードのニーレン、フイッシュ&ポテト老犬用)とおかゆ(ささみのゆで汁で16穀米とイワシ、ジャガイモを煮たもの)などを盛り付けています。
 どうも、ドッグフードが好きなようです。なるべく炭水化物をたべてもらいたいのに。
 その他毎日500ccを皮下点滴していますが、その他は普通の子たちとなんの変りもない生活を送 っています。こんなに元気な腎不全は初めてです。こんなことってあるんでしょうか。この子も又腎臓が弱っただけならいいんですが。

 helmesgohan0.jpg

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット