FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
b-ball00.jpg

 誰よりも早くボールを追いかけてゆく
 そんな姿は何か月ぶりだろう。
 庭でのボール拾いは若い子に負けて悔しがるから
 近くの川のそばの広場に連れてきて、
 今日は、7歳以上のシニアだけで遊ばせた。

 うれしそうにボールをくわえて走って来る。
 自慢げにボールを私に渡すと、ワンワン吠えて催促をする。
 
 何度も何度もボールを追いかけて走ってゆく。
 弱った心臓が心配だけど、いつか必ずこの世を去るのなら
 こんな風にボールを追いかけていて、ぱったり倒れて逝くのがいい。

 季節がゆっくり変わっていくように
 少しづつ弱ってきている。
 この頃はご飯を残すようになってきた。
 寝る時間が長くなった。
 13歳と6か月だからしょうがないけど。

 ボールを追いかけて走るのは、元気な証拠?
 大好きなことに夢中になっているだけかもしれない。
 
 
 腎不全と診断されてから8か月がたとうとしている。
 こんな元気そうな姿に心臓が悪いことや、腎臓が弱っていることなど
 忘れてしまいそう。

 晩御飯は残さず食べてくれるといいのだけど。

  

   
 
 
スポンサーサイト



虹の橋の入り口
b-ohaka00.jpg
 庭にあるうちのシェルティたちのお墓。先月までは緑の針金を伝って朝顔が咲いていた。今はコスモスが咲き乱れている。その根元の方にはスイセンが芽を出してきている。春にはチューリップとグラジオラスが咲くはずだ。
 まるで花壇のようになっているけれど真中にうちの子たちは眠っている。まだ墓標はない。なんて書こうかずっと考えている。虹の橋の入り口と書こうかと思っていたが、墓標にする石にこの文字数は無理。単純のお墓、魂、天使たちなどなどまだ考え中だ。
 お彼岸には、8月に亡くなった母の愛犬セーラの遺骨を納めることになっていたのだが、母はまだセーラを連れてくる気はないようだ。母のその後の様子は「母と老犬」のREAD MOREに追記したが、ごく最近の様子というと、毎日お水や花をお供えして手を合わせるだけで心がなごむらしい。だから、今年は納骨はしないようだ。お骨でもいなくなるとさびしいだろうと弟がいっていた。

b-butudann0.jpg
 仏壇?みたいな場所。お花はほとんど庭に咲いている季節の花々、今は菊とコスモス。毎晩お線香をあげている。
 手を合わせると、虹の橋の犬たちにテレパシーのようなものがつうじるような気がする。

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

遠くは近い?
 5月生まれのサマンサの子犬たちは、軽井沢や神戸など遠くに行きましたが幸いにも神戸のブリーダーさんが耳セットを引き受けてくださり子犬の様子などをお知らせくださいます。
 関西にはバイブラックは珍しいらしく何人もの方からお問い合わせをいただきますが、私の繁殖犬は関西には第一号です。少し心配でしたが、すごく大事にしてくれていますよ、とそのブリーダーさんはお伝えくださいました。こんな風にシェルティのブリーダーさんが近くにいてくれてほんとうに良かった。お耳のことだけでなく、その後の様子を飼い主さんからだけではなくプロの目から見て伝えてもらえるのは本当にラッキーなことです。
 また、ここへ引っ越してきてから知り合ったシェルティファンシャーが私の繁殖犬の子供を飼っていらして、お散歩の途中や買い物の時によく出会います。あちらはバイブラック4頭,(アンディ君ファミリー)、私はバイブラックやバイブルーなど4,5頭を連れているのであっという間に大軍団になってしまいます。先日も津久井湖で逸品展という物産店のようなものがあり行ってきましたがそこでもお会いしました。
 室内でのお買い物の間にみんなで仲良く待っていました。左3頭がうちの子たちです。
みんなで00
 こんなにシェルティが揃うのも珍しいですし、バイブラックを見たことがない方やブルーアイのバイブルーはかなり不思議がられていました。すぐに人だかりができてしまいます。シェルティはセーブルだけではないというのをみんなにしってもらえたかな?
 先日メールでこの日ごいっしょしたバイブラックのアンディ君の姉妹が仙台にいることを知りました。これで、私の繁殖犬の孫たち5頭兄弟がみんな元気でいることがわかりました。メールで画像を送っていただき、兄弟みんなそっくりなのにびっくりしました。
 メールやネットは使い方によっては怖いものがありますが、すぐに写真が見れたりずいぶんと遠くが身近に感じられるようになりました。

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

失敗、大失敗
 寒くなってきました。老犬たちはベッドでお昼寝。
b-neteru0.jpg
 b-maotachi0.jpg
若い子たちはお庭で元気にあそんでます。


少々風邪気味の私は、先週の朝大失敗をしてしまいました。
 コンタクトレンズを入れるのもおっくうなある朝のことです。見えずらい裸眼で朝ごはんをシェルティたちにあげていたときのことです。朝ごはんをあげたらまた少し寝ようとコンタクトを入れていなかったのです。
 元気な子たちのごはんが終わり、老犬たちのごはんを冷凍庫から取り出し電子レンジに入れて温め(最近は毎日作らず3日分づつ玄米野菜などのお粥を圧力鍋で作っています。)、ドライフードのふやかした物を少々とささみ少々を混ぜてあげたところエルメスは完食しましたが、ドルは二口で食べるのを辞めた。手にとって口に持っていこうとしたときに、なんかにおいが違う、やわらかいし変だなあと思って目を近付けると、
 大変、クリームシチューの残りを冷凍していたものだったと気づく。お肉や野菜は入っていなくてルーだけを冷凍してあったのだ。幸い玉ねぎも入っていなかったが、ルーの中にエキスは溶けていたろうし肉のタンパク質も塩分も牛乳も、、、あー恐ろしい。なんていう失敗。風邪で鼻が効かなかったとはいえどうしよう。
 メルクメジンをいつもの2倍、点滴も2回に分けていつもの2倍、夕食はお粥のみにしました。
 翌日も、元気は普通、おしっこのにおいや量も普通。なんとか無事に今日に至る。
 本当にごめんなさい。何度も何度もエルメスにあやまりました。

b-shuukaku0.jpg
 今年最後の収穫 いつもは無農薬野菜などに気を使っているのに、、、
 

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット