FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
ドルがいた風景
 いつもいるはずのお気に入りの場所に当たり前のようにいた犬がいないことが、信じられない、許せない、受け入れられな、悲しすぎる、むなしすぎる。言葉ではいいつくせない気持ち。
 愛犬を失った人なら誰でも同じ気持ちになったことがあると思う。
 私の部屋には6頭の犬たちがいて、1頭しか飼っていない人から見たらうらやましいと思われるだろうが、
ドルの寝ていたソファーに他の子が寝ているのを見るのは辛いものだ。1頭の犬がいなくなっただけで何も変わらない風景が悲しい。
 お悔やみの言葉は、私へのねぎらいの言葉が添えられていた。ゆっくり休んでくださいとかお身体大切にとか。
そんな中に、無理せずぼちぼちお過ごし下さいというのがあって、ぼちぼちが気に入った。
 精神的に無理せずぼちぼち身体を動かすことにした。
 2階の部屋に居たくなかった。
 ドルが亡くなった2日後から。犬舎の壁を珪藻土に塗り替えたり床のクッションフロアーをピンク系の花柄に張り替えた。夜12時頃までかかった。一番ドルの印象の少ないこの部屋にいると、いろんなことを考えずに黙々と作業をすることができた。とても疲れてベッドに入るとすぐに眠りについた。
 犬舎が終わるとキッチンの壁を塗り、味気ないプラスチックの電気の傘にテーブルクロスと同じ布を張ってみたりした。書類の整理はしたくなかったが、棚の配置を変えたりしていると領収書が出てきたりして、ドルやエルメスの検査結果や病院の領収書が目に入ってrついつい手がとまってしまう。やはりこういうう時には、壁を塗っていた方がいい。
 次に庭の水たまりになる場所をクワで掘り返して、砂利が埋まらないようにネットを敷いてその上に砂利を敷いた。土の中には依然あったはずの白い砂利やウッドチップが埋まっていた。みんなが走り回っているうちに土の中にうまってしまったのだ。
 ドルは庭が好きで散歩に連れて行かなくなってからは、好きなように庭を歩かせていた。私はダウンコートを着てドルにもセーターの上にダウンコートを着せた。早く温かくなるといいなと思いながら、私はベンチに座って庭を歩くドルを眺めていた。すごく寒くなってきて「早く入ろうよ」と声をかけるとこちらを向いて、「まだ嫌だよ、もう少し」
というように私を見つめていた。
 庭に最後に出たのはいつだったろうか。スイセンは咲いていたか、梅はどうだったろうか、私は庭の一部分が新しい白い砂利のせいで不自然なほど白くなっているのを眺めながら考えていた。ここにもドルのいた風景があった。
 その次の日、自分の部屋の壁を塗った。ここは思い出がたくさんある。壁を塗り替えても何も変わらないかもしれないけれど犬達のベッドの位置を変えたりベッドカバーを変えたりしてみた。まだわたしの部屋は未完成だけど、ぼちぼちやるつもり。
 どこをどう変えてもドルのいた風景は私の脳裏に鮮明に焼き付いている。忘れたいわけではないけれど、思い出の中だけで生きていくわけにもいかず、壁を塗りながら砂利を敷きながら、いったい私は何をどうしたいんだろうと答えのない疑問を問いかけているが、身体が疲れたら夜は良く眠れるのはいいことだと思う。
                                         
 
スポンサーサイト



テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

ご無沙汰しています
k-minna).jpg
                
             近いうちにブログを再開したいと思っています。
          
 doru0015.jpg
          
 今は何から書いていいか良くわかりません。
 3月11日にドルが永眠しました。


テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット