FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
今日はブルーたちを見て下さい。


もうすぐ1ヶ月のアリエルの子犬。今回は、ブルーたちを見て下さい。めちゃくちゃ可愛い。
間違いない。


お問い合わせは、お電話(ホームページに出ています)をいただくかコメントの文章にメールアドレス又はお電話番号をお書き下さい。コメントは、非公開を選択してしていただけたらブログには掲載されません。只今、パソコン修理中のためメールにてのお問い合わせを受けとれません。よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



天使のため息
昨日、子犬を買いにいらしたご家族の小学校低学年のお嬢さんが、子犬がくしゃみをしたのに驚いていた。
犬もくしゃみや咳をするんだよ。と教えてあげた。
ため息だってつくんだから。
このため息は永遠の謎で、スティービー、ドル、シュートと歴代の私の添い寝犬たちは、ベッドで並んで、さあ寝ますよ、というタイミングで毎晩必ずため息をつく。
もしかして、嫌々一緒に寝てる?のかずっと謎である。
ほっとした時のため息か嫌だなぁと思う時か、犬がため息をつくのは珍しい。
誰かに何故だと思うかを聞いたことはその時までなかった。
なんでだろう?と、私が言うと
小学生のお嬢さんは、温かくて気持ちよいからじゃないかな?と言った。
温かくて気持ちよいとため息が出るというのは私の中にはなかった答え。
そうだ、お風呂に入った瞬間にふーとため息をもらすことはあるから、犬にもそんなことがあるのかも。
子供って凄いなぁと関心した。
が、夏の暑い夜もため息をつくので、子犬を迎えに来てくれた時には質問してみようと思う。
本人の意図はわからないけど、ため息をつく犬の寝顔は天使のように安らかなので、私も幸せな気持ちになる。
だからわたしは天使のため息と命名しようと思う。










[READ MORE...]
名前を呼んでたかも
反省中というタイトルのブログは、初めて犬にしゃべらせてみた。いつも、諏訪 緑さんのブログで、あっちゃんやリカちゃんのセリフが面白いと思っていたから、一度やってみたかったからだ。本当にしゃべるとしたら、犬たちは私のことをなんて呼ぶだろうか。
いつも、犬たちには「私が、、、」「私の、、、」と話したり文句言ったり叱ったりしているので、大半の犬は私の名前は『わたし』だと思っているだろうなぁ。
長年寝食を共にしている歳をとっている犬たちは、私が何とか呼ばれているか知っているはず、苗字か名前か両方を覚えていると思う。
うちの犬たちは、自分の名前だけでなく、他の全ての仲間の名前を覚えている。
わたしが、誰かの名前を呼んで叱ると、その犬の方へ走って行き首の毛を軽く噛んだりする。遠隔操作で私のかわりにお仕置きをしてくれる。
犬の知能は凄いと思う。みんなの名前を覚えるのは、人間でも大変なこと。
だから、きっと歳をとってる犬たちは、私の名前を知っているはずだ。
昨年亡くなったドルは、私がかなり頭に来ることがあった時に、ぶつぶつ言ったり、ガミガミ言ったり、怒鳴ったりしていると、何事?というような顔をして私を見つめていた。段々に驚きの顔が優しい顔になり、私を諭すような眼差しになる。
そんな時にドルは私に話しかけているような気がした。
「そんなに怒らなくても、、、」
「落ち着いて、、」とか言ってるような時に私を何て呼ぶだろうかと考えた。
もう、いつのまにか私の歳を越えたのだから、名前を呼びすてにしてたかもなぁ等と亡くなって1年たった今も、誰かを叱ったりした時には懐かしく思いを馳せたりしているのだ。


子犬たちは









タバサの子犬たちは、すっかり犬らしくなりました。
3頭で取っ組み合いをしています。タバサはまだ子犬のところにいたいらしく、1日の大半を子犬と過ごしています。
アリエルの子犬はまだまだよちよち歩きです。
タバサとアリエルの子犬たちを見に来たいという連絡等をいただいております。
ご遠慮なく、早めにいらして下さい。
先に少しお写真をお見せしますね。
実際は数倍可愛いです。
バイブルーの牡はオーナーさんが決まりそうです。
[READ MORE...]
雪 雪 雪




かなり降りました。
またまた、皆さん喜んで11時まで庭やベランダで遊んでました。
私もベランダで雪の玉を作っては投げて、喜んで走る犬たちを眺めてました。
アリエルは小さいから足がすっぽり雪に埋もれてましたよ。
家の下の道は夜中まで、立ち往生の車の救助で大変みたいなのに、私も犬もこの雪を楽しんでいました。
寝かせる前に皆さんの体を拭いて、エアコンをいれて乾かしてやりました。
明日の朝の庭がきっとぐちゃぐちゃだろうと思うと憂鬱です。
反省?中


反省中のシュートのぼやき

庭に出られなくて、少しストレスがたまりました。
だから、生ゴミの中からいい臭いのするラップやペーパータオルを引っ張りだして、細かく噛みきりキッチンをちょっと汚してしまっただけなのに。
ホウキの先っちょで顔をたたかれました。全然痛くなかったからキャンともいいませんでしたが、ショックでした。
生まれてから3回くらいしか起こられたことはなかったし、ホウキではたかれたのは初めてです。
でも、ボクはラップとペーパータオルだけしかいたずらしてなくて、そばにはスーパーの袋の中にカボチャ、スナック菓子、カレールー等床に置きっぱなしだったのに。偉いと思います。
しばらくバリケンネルの中に入れられて反省タイムになりました。30分後にデッカイ牛骨を入れてくれましたが、一口も食べてません。
バリケンネルに入れられるなんて、お出かけの時みたいで緊張します。
やっと二階の部屋に連れて行ってもらいました。写真の手を見て下さい。手を重ねてごめんなさいをしています。
翌朝、すみれおばあちゃんが牛骨を見つけて喜んで食べてました。14歳なのに凄く丈夫な歯だなぁと感心しました。美味しそうでした。ペーパータオルよりきっと美味しいはずです。
コメントをいただいた方へ


ブログを伝言板みたいにしてすみません。
どうも私の書き方がいけなかったようで、コメントのアドレス欄にメールアドレスを書き込みいただいても、携帯からはコメント内容しか見れないのです。
アリエルの子犬、タバサの子犬のお問い合わせありがとうございます。
私の携帯からコメントを見ることはできますが、返信のアドレスが見れません。コメントの文章内にアドレスを入れていただけますか?
またはお電話をお気軽にしていただけたら嬉しいです。
ブルーの牡は、2頭いますが、どちらかは来週あたり決まりそうです。

初雪で大はしゃぎ


シュートや嵐たちには初雪の昨日は、みな楽しく庭を駆け回り、午前中は所々土がむき出しになっていたので泥だらけになってしまった。
嵐たちは足だけですみ、成犬たちはさっさと部屋に帰ってきたのであまり汚れず。
一番ひどかったのはシュート。胸や首の回りの白い部分、お腹、しっぽ、ほとんど全身が泥だらけ。
洗ったばかりなのに、又洗わなくちゃ。
ぶつくさ言いながら洗ってきれいになった。
午後になり、庭のほとんどが雪になったので木の根元の土が気になったが皆を庭に出してやった。
しばらくして、又シュートが泥だらけになって戻って来て、泣きたくなってしまった。他の子はそんなに汚れてないのに。
仕方なく、ドライシャンプーをしてやり二階のベランダで遊ばせる事にした。
雪がかなり積もったベランダでエルザと遊んでいた。きれいになったシュートはかなりハンサムでしょ?
昨年1月には、随分雪が降り、雪が大好きだったドルはベランダに出て雪を食べていた。雪でボールを作って投げてやると喜んで走って雪玉を壊さずにくわえて持って来てくれた。
今日私は二階のベランダから、庭の子たちに雪のボールを何個も投げてやったが、誰もくわえられなかった。
あれは、ドルしかできない特技だったんだなぁ。
顔じゅうを雪だらけにしていたドルの顔が浮かんできた。亡くなってから、来月で1年がたつのが嘘のようだ。そんなに経ったの?もっと昔の事みたいという相反する二つの気持ちが不思議な気がする。
ドルの遺影に小さな雪玉を供えてあげよう。

明日は雪が溶けて又どろどろだろうなと思うと憂うつな気分。
とりあえずシュートだけは庭に出すのをやめなければ。
メイちゃんに会いに行きました

昨日は、野際メイちゃんに会いに行ってきました。
2週がたち、子犬たちはすくすく成長していて新米ママはマイペースで面倒をみてました。
私は、メイちゃんのママのサマンサと姉のパリス、シュートを連れて行きました。

サマンサは家の中をうろうろ、どこでも我が家のように動き回り、メイちゃんの部屋までお邪魔して、娘の母親ぶりを確認後は又あちこちをうろうろ。目が離せない。
パリスは私のそばを離れず、お庭に出しても何処か入れる所はないかを探してうろうろ。一番お利口なのはシュート。お庭でロディ君(写真左11歳)に遊んでもらい大満足。優しい男の子同士は気が合うみたい。もう少ししたら、ロディ君は、メイちゃんの子犬たちとこうして遊んであげるんだろうな。

シュート君可愛い!
モコモコ熊さんみたい!
と、2ヶ月前に行った時と同じように皆様から可愛がられ抱っこされて、ちょっと困り顔でした。
私の父は、野際陽子さんの大ファンなので、サインをいただいた時には大喜びだった。
多分、大人気のシュートのことをうらやましいというだろう。





寝不足パート2

アリエルの子犬の牝犬たちブルーマールーとトライにミルクを日に二回飲ませていたら、トライの子犬が飲んですぐからお腹がパンパンになりクンクン泣くようになってしまった。たいして飲んでなくてもお腹が張って苦しそう。
ガスが溜まった時にこうなることがあるので、浣腸をして、お湯に下半身をつけてマッサージをして、ガスピタン(人間のお薬)を飲ませてやって、なんとか泣き止み又お母さんのおっぱいを飲むようになった。
これは昨日の昼間のこと。
その日の夜に又同じようにクンクン泣き始めたので、昼間と同様の処置をしたが、泣き止まない。昼間より苦しそう。
やれることはなくなり、抱いて寝ようと思ってベッドに連れて行ったら、耳元でキャンキン泣くのでまたお母さんに託す事にした。
凄く可愛い可愛い顔で泣く子犬をハウスにもどして、ベッドに寝ながら耳をすませた。
泣き声を聞きながら何か他にできる事はないか考えて、ミルクを飲む時に胃に空気が入ったのかもしれないから、胃にカテーテルを入れて空気を吸出したらどうだろう。こんな事を考えていたら、子犬の声がしなくなった。
恐々、ハウスを覗くとすやすや寝ている。お腹も少しへこんでいるみたい。良かった。良かった。
時計を見ると2時半だった。
やはり、ミルクにはミヤリサンアイジかガスピタンを混ぜて飲ませなくちゃだめだった。今回は、未熟児ではないから大丈夫と思ったのが間違いの元。深く反省した。
今朝は、元どうりに元気になりお母さんのおっぱいに吸い付いていた。足りない分は、タバサに乳母をたのむことにした。
写真より可愛いです



タバサの子犬は目が開いてから2週がたちました。1頭は両目が濃い青い目です。
離乳食も食べるようになり、お母さんの仕事も一段落、ハウスから出てくる時間が長くなりました。
アリエルの方はまだまだハウスに入っている時間が長く、2頭の母親は我が子を愛しそうに面倒をみています。
子犬を見たいという方には、電話予約の上お越しいただいています。
ホームページに連絡先が出ていますのでお電話ください。

タバサ乳母になる


タバサの2頭の子犬はすくすく育ち牝の1頭との差がついてしまっている。元々生まれた時の体重が違っていたので当たり前だけど、なるべく差がつかないように、時々1頭だけタバサにほ乳させている。アリエルの子犬は、ほぼ同じ体重で生まれたが、牝のブルーマールとトライの体重の増え方が今一なので、時々ミルクを飲ませていたが、タバサの母乳をもらうことにした。
タバサはアリエルが子犬を生んだ日から、興味津々だったので何の問題もなくお乳を飲ませてくれた。
しばらく、タバサの子犬と並んで飲んでいた。お腹がパンパンになるほど飲んで満足してすやすや眠っている。
タバサの子犬は、先に飲み終えて、お母さんに乗って遊んでいた。
凄く可愛くなってきた。
ハウスから出て来てオシッコやウンチをトイレでするようになってきた。ヨチヨチ歩きでハウスから出てくる姿がまたまた可愛い。
普段はハイテンションなタバサは子育て中だけはまったりしていて、凄く良いこ。ずっとこのままでいてほしい。

顔のアップ写真は、生まれて4日目のアリエルの子犬です。
[READ MORE...]