FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
残暑お見舞い申し上げます

毎日暑い日が続いていますが、皆様のご愛犬は元気に過ごしていますか?
夏が嫌いな私はこの暑さにうんざりです。
シェルティたちの様子を見ていても、私と同感のようです。
夜になっても気温が下がらず、風も吹かず、雨も降らず。早く秋になってくれーと願っています。
夏は、多くの子の命をすり減らし、天国に連れていってしまうので大嫌いです。

7月と8月の命日を覚えられなくなりそうです。
29日、31日、1日、7日、19日。真冬に亡くなった子は1頭だけなのに、夏はなんて多いのでしょう。

冬の寒さには、服を着せたり、暖房したり、湯タンポ入れたりなんでもしてあげられるのに。

私の前で、夏大好きなんて絶対に言わないで下さいね。シェルティの敵と見なしちゃいますよ。

湯タンポと言えば、久しぶりに麦茶を水ではなくお湯で作ろうと思って、ヤカンを引っ張り出しました。
このヤカンは湯タンポにお湯を入れる時に使って以来です。真冬は、夕方と深夜の二度湯タンポのお湯を入れ換えてました。
パンプは、誰よりも立派なコートの持ち主でしたが、年寄りに冷えは禁物と思って。ベビー用湯タンポは火傷しないように作られていて、上に乗っても大丈夫です。
湯タンポの暖かさで、満足げのパンプの細めた目が思い出されました。

この暑さは異常な暑さというけれど、来年もまた記録をどんどん更新するのではないかと今から心配しています。
散歩に出る時には、夜でも必ず地面を手で触って温度を確かめてから行くようにしてると、ウルスとトトのオーナーが言ってました。
皆さんも気をつけてあげて下さいね。


写真は、5月29日生まれのバイブルーの男の子です。ど派手なイケメン。他に3頭負けず劣らずのイケメンバイブラックもいます。バイブラックは、オーナー募集中です。


スポンサーサイト



ディオールのアディショナルタイム
この子(写真の子)をお預かりしなければ、深夜の散歩には行かなかっただろう。

オードリー10才と7ヶ月。心臓のお薬、グルコサミン、エビオス、ビオフェルミン、ヨーグルト、ヤクルト、豆乳を持参。
お散歩は1日3回。室内ではトイレができない。
私は、朝、昼、夕、深夜の4回行くことにした。この暑い夏に心臓の悪い子を連れ出すのは酷である。でも、我慢させれば腎臓を悪くするだろう。
やはり、いつもみんなにお願いするようにトイレは室内でさせることが大切だと改めて思った。
どこでおしっこ、うんちをするかわからないので、消毒のスプレー、コーヒーの粉などペーパーやビニールの他にも持って出るものも多い。
オードリーに会うのは7年ぶり。
6ヶ月まで私のところにいて、その時には室内でできたのに。。。
臭いを嗅がせる癖をつけたら最後、牝犬も外でしかトイレをしなくなるのだ。
初めは、1週間のお約束だったが延長されて約1ヶ月お預かりした。
その間に、左側を歩くこと、臭いを嗅がないこと、庭でもトイレができることを教えた。

そして、昨日、無事に送り届けてきた。


お迎えの時には、サマンサとディオールを連れて行った。7月15日の暑い日だった。ディオールは、6月頃から食べるのが遅くなり、少し残すようになり、だんだんと食べなくなってきていた。
恐れていた腎不全になり、自宅で点滴や食事療法をしている最中だったが、大好きなドライブには連れて行くことにした。往復3時間、運転席の真後ろに立ちずっと外を眺めていた。
ほんとに車に乗るのが大好きだった。

オードリーを送りに行った8月14日、迎えに行った時と同じ道、でも、お伴はサマンサだけ。
もう私の後ろで、じっとそとを眺めていたディオールは天国に行ってしまった。

7月31日の午前0時過ぎ楽しそうに散歩をしていて、突然倒れてそのまま逝ってしまった。

今日はここまで、続きはまた近いうちに。