FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!ディオール13歳


1月17日、本日ディオールは13歳になりました。生まれつきの心臓病で何歳まで生きられるかわからない子でしたが、なんとか13歳になることができました。
なんとかというのは、一昨年、子宮蓄膿症、平括筋腫になった事は以前のブログに書きました。それよりももっと私をお怯えさせる事が昨年の10月に起きたのです。

今、やっとブログに書くことが出来ますが、10月の1日にディオールは、心臓発作で失神してしまいました。散歩に出て数分後、突然倒れて呼吸も確認できず、グッタリして目も半開きで眼球は動かず、抱き抱えた私の腕がオシッコで濡れたときには、もう死んでしまったのかと思ったほどでした。
家に着くと直ぐに携帯酸素を鼻と口に入れてやると、意識が戻りました。ドルが残していった酸素、あって良かった。

それからは、何処へ行くにも酸素は手放せず、そして何処へでもディオールを連れて行きました。
家で安静に留守番させるか、どうするかを考えましたが、留守番させられるストレスの方が心臓病には良くないと判断して、車で移動できるところへは買い物からトッグショーまでいつでも一緒でした。

外出先では、発作は起こさないものの散歩では4回失神しました。いずれも酸素で直ぐに復活しましたが、ほんとに怖くて、もう歩かせるのは止めようかとも思ったこともありました。けれどお散歩大好きなディオール、我慢させるのもストレスになる、上り坂は抱いてあげることにして、いつもと同じように生活させることに決めました。

あれから3ヵ月がたち、変わったことといえばめちゃめちゃ甘えん坊になったこと、ちょっと他の子に対して態度がでかくなって少し悪い子になりました。

ディオールは、もうすぐお母さんになる子たちと同じ部屋にいることがちょっと心配です。私のそばに誰かが来ると追い払おうとするのです。元気なのは良いけど、性格が悪くなるのは困るなぁ。
私は、ディオールの頭を軽く叩いて叱ります。目を見て言い聞かせます。

良い子で長生きするんだよ!と。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://october28.blog33.fc2.com/tb.php/282-4601d201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。