FC2ブログ
プロフィール

jewel julian

Author:jewel julian
鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダー
http://.jewel-ulian.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

きまぐれ日記 シェルティ達と私の記録
 鎌倉から津久井湖のそばに引っ越して来たブリーダーの私とシェルティ達とのゆかいで楽しい毎日やちょっと悲しいお話等。  犬と暮らすことの素晴らしさと苦悩などきまぐれに書き綴る日記。 http://jewel-julian.com/
犬の仕事
 テレビのニュースで、引退した盲導犬の最後の様子を放映していた。先日も日本初の盲導犬のドラマを観たばかりだったが、盲導犬という過酷な仕事をしながら大型犬にしてはかなり長生きをするのだなと思った。犬の中でこんなに大変な仕事をするのは盲導犬だけではないかと思う。この手の話を見聞きすると可哀そうで泣けてくる。特に1歳位の時に一般家庭から訓練所に入所するときが一番悲しい。
 もう20年位前のことだが、長野にある知的障害者の施設を訪れたことがある。そこに入所している人たちが犬を飼うことは可能か見に来て欲しいと言われたからだった。私の繁殖犬を群馬県の登校拒否症の子供たちの施設に寄付していたことがきっかけで、そこの園長にたのまれた。
 障害者施設の園長は盲目だった。誰かの肩に手をかけてでなければ外出できない。犬好きならば盲導犬をお願いしたらいいのではないかと私が言うと、
「去勢、避妊されるだけではなく、ずっと人間の目になり楽しい事などなく生きていくのは可哀そうで盲導犬は飼えません。」と言った。
 そんな考え方もあるのかと思った。盲導犬になるラブラドールやゴールデンは仕事をするのが好きだ。引退が10歳前後、寿命が14歳位というのだから大型犬としては長生きの方だ。盲導犬の仕事はストレスになりそうで意外とそうではないのかもしれない、人の役に立つということが楽しみでもあるのかもしれない。
 普通の家の子達のお仕事はというと共通する第一いや唯一かものお仕事は癒し。家族を癒すことだけ。それが最高に素晴らしいお仕事だ。子供たちが心身共に健康に成長するために家族の健康のためにお散歩に付き合ってくれていたり、夫婦喧嘩をさせないように楽しい会話を増やしてくれているのかもしれない。
バイ子犬寝顔子犬の寝顔は最高の癒しディオール
私の癒し犬ディオールのおとぼけ顔


 

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://october28.blog33.fc2.com/tb.php/60-796acdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)